ワイン&リカー

イタリア食材

キーワードから探す

 

CAPUTOで作るフランスの粉もの Vol.10 【Croquets aux Amandes クロケ・オ・ザマンド】

クロケ・オ・ザマンドとキンボコーヒーの写真

10回目を迎えたCAPUTOで作るフランスの粉もの。前回に引き続き、6月に新発売になった、パティスリー向けの小麦粉―パスティッチェリアを使ったレシピをご紹介します。

よく、バゲットやカンパーニュなどハード系のパンをリーンなパン、クロワッサンなど柔らかめのものをリッチなパンと言うことがありますが、たくさんある焼き菓子を、あえてパンと同じようにカテゴリー分けするならば、パスティッチェリアと相性の良いものというと、素朴で、シンプルな材料と手順でしっかりと焼き込む、まさに小麦粉の風味を味わうような”リーンな焼き菓子”との相性が抜群かと思います。前回のガレット・ブルトンヌも理想的な食感に仕上げてくれましたが、今回はより素朴な味わいの、昔から伝わる焼き菓子をご紹介します。

クロケ・オ・ザマンドの写真

ご紹介するのは、Croquets aux Amandes クロケ・オ・ザマンド。
このクロケ・オ・ザマンドとは昔ながらの伝統あるクッキーで、フランス各地で似たものが作られていましたが、一番古いものはフランスのワインの銘醸地として知られるブルゴーニュ地方から伝わったと言われています。写真をご覧頂くと、イタリアのビスコッティにそっくりですよね。実は、イタリアのビスコッティの起源はフランスにあると言われているようです。実際食べてみると、ビスコッティほど硬くなく、外はカリッと中はソフトな食感で、より食べやすいのがクロケ・オ・ザマンドの特徴。
パスティッチェリアで作ると、ざっくりした食感と、中は程よくソフトに、粉の甘さと香りをより楽しむことができます。

また、焼き上がりの食感や粉の風味の他に、他の粉に比べると幾分焼き色が付きやすいのもこのパスティッチェリアの特徴です。焼く際に溶き卵を塗る作業は欠かせませんが、パスティッチェリアで作るクロケ・オ・ザマンドは食欲をそそる深く香ばしい焼き色に仕上がります。今回は卵黄に更にエスプレッソも少し加えて、より香ばしく、コーヒーのお供としてぴったりの焼き上がりに。

型を使わないで焼くことが出来る分、よりお手軽に作って頂けるクロケ・オ・ザマンド。ぜひ、ビスコッティのようにコーヒーには浸さずに、コーヒーと一緒にお召し上がりください!

アーモンドとオレンジ、チョコレートのクロケ

<材料>

作りやすい分量

皮付き生アーモンドホール
50g
オレンジピール
25g
クーベルチュールチョコレート
(スイート59%)
25g
無塩バター
60g
てんさい糖
60g
1g
全卵(M玉)
1個
パスティッチェリア
140g
ベーキングパウダー
3g
―溶き卵
卵黄(M玉)
1個分
エスプレッソコーヒー(Kimbo NAPOLI)
小さじ1

<下準備>

  • バターは室温に戻し、柔らかくしておく。
クロケ・オ・ザマンドの材料

<作り方>

  1. アーモンドは一度湯通しし、キッチンペーパーで水気をしっかりふき取っておく。
  2. オレンジピールとチョコレートは刻んでおく。
  3. 柔らかくしておいたバターにてんさい糖と塩を3回に分けて加え、ホイッパーでよくすり混ぜる。
  4. 全卵を溶き、少しずつに加えながらよく混ぜる。
  5. パスティッチェリアとベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる。
  6. 粉類が混ざりきる前に、,離◆璽皀鵐匹鉢△離レンジピールとチョコレートを加える。
生地を混ぜ合わせた写真
  1. ひとまとめにして、ラップに包んで、冷蔵庫で一晩生地を休ませる。
生地を休ませている写真
  1. 生地に打ち粉(分量外)をして、かまぼこ状に形を整える。
  2. オーブンシートを敷いたオーブン板にのせ、溶き卵を塗る。
焼成前の写真
  1. 200℃に予熱したオーブンで約30分焼成する。
焼成後の写真
  1. まだ温かいうちに、2cm幅くらいの厚めにスライスする。断面を上にして並べ、しっかり粗熱をとり、乾燥させる。
スライスして乾燥させている写真

合わせたコーヒー

Kimbo – Caffe in Capsule Napoli
キンボ カプセルコーヒー・ナポリ

クロケ・オ・ザマンドと合わせたいのは、南イタリアのナポリのコーヒーメーカー キンボのカプセルコーヒー、その名もナポリ。程よいロースト感があり、まさに焼きたてのビスケットのような香ばしさを感じる味わいです。キンボコーヒーの様々なテイストの中で、最も酸味と苦み、香りのバランスが良いので、どんな方にも楽しんで頂けるエレガントなコーヒーです。 クロケ・オ・ザマンドにはエスプレッソやロングで淹れるのも良いですが、ミルクを加えてカプチーノと一緒に楽しむのもおすすめです。

ガレット・ブルトンヌとキンボコーヒーの写真

※レシピや写真の転載・転用・転売は固く禁じます。

今回ピックアップした商品

カプート
パスティッチェリア /1kg

771円(税込)

商品コード : 17225

キンボ
カプセルコーヒー・ナポリ/5.5g×10カプセル

716円 (税込)

商品コード : 3147

この記事をシェアする